【競馬は血統】ニックス図鑑|種牡馬と母父の黄金配合で回収率あがる

スポンサーリンク
日常/ブログ

競馬はブラッドスポーツってよく言います。

つまり血統ですね。

競走馬に影響を与えるのは種牡馬(父)と言われています。

例えば

「史上最強馬ディープインパクトの子供はやはり強い」と言う感じ。

調べてみると、なんとディープインパクトは43頭のGI馬を輩出しています。

この記事では種牡馬だけではなく、さらに走る馬が誕生しやすい組み合わせを紹介します。

強い競走馬には共通の組み合わせがあるからです。

それを黄金配合と言います。

 父×母父
 父×母父×母母父
 父×母系統

こんな組み合わせです。

黄金配合を覚えれば回収率もグっとあがります。

まだ作成中なので随時追記予定です。

※独自に調べたデータになりますので、若干の入力ミスなどはあるかもしれません。正確な情報はJRA公式サイトなどで必ずご確認ください。
また馬券は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

ディープインパクト

父ディープ×母父Storm Cat

これは一番有名な最強ニックスと言えるでしょう。

GI馬6頭、重賞馬10頭、勝ち上がりは41頭/59頭

驚異的ですね。

🐎代表産駒

キズナ、ラヴズオンリーユー、ダノンキングリー

エピファネイア

父エピファ×母父キンカメ

種牡馬3年目ですが勝ち上がり率も高く3冠牝馬も輩出。

重賞勝利はまだ1頭のみですが、さらに母母父がサンデーサイレンスになると重賞好走馬が出ています。

🐎代表産駒

デアリングタクト、イズジョーノキセキ、スカイグルーブ、クラヴェル、タイセイシリウス

父エピファ×母父ゼンノロブロイ

4頭/6頭が勝ち上がり。

早いうちから走る。

🐎代表産駒

シーズンズギフト、プティシュシュ、ソーユーフォリア

オルフェーヴル

父オルフェ×母父ゴーンウエスト

4頭/4頭全て勝ち上がり、芝・ダートともに勝ち星あり。

🐎代表産駒

ジャスティン、シャインガーネット、トレッファー

パイロ

父パイロ×母父コロナドズクエスト

4頭/5頭勝ち上がり、新馬戦から走る。

全てダーレー。

🐎代表産駒

ブランクチェック、スモーダリング

スクリーンヒーロー

父スクリーンヒーロー×母父ロージズインメイ

8頭/11頭が勝ち上がりという驚異の勝ち上がり率。

短めの距離で勝ち星が多い。

🐎代表産駒

ジャスティン、シャインガーネット、トレッファー

ドゥラメンテ

父ドゥラメンテ×母父Danehill Dancer

初年度産駒は3頭/4頭が勝ち上がり。

初戦から好走する確率が高い。

🐎代表産駒

アスコルターレ、ダノンシュネラ、アゼルスタン

モーリス

父モーリス×母父ディープ

初年度産駒11頭/20頭が勝ち上がり。

重賞勝ち馬は1頭。

🐎代表産駒

ルークズネスト、ドナウエレン、カランドゥーラ

ロードカナロア

父カナロア×母父サクラバクシンオーの牡馬

産駒7頭/10頭が勝ち上がり。

7頭すべてが2勝以上。

勝鞍のほとんどが1200m。極端な短距離向きバイアスの配合。

🐎代表産駒

キルロード、スギノヴォルケーノ、ペプチドバンブー

競馬関連記事

日本馬は凱旋門賞に勝てるのか?

クロノジェネシスに期待!

タイトルとURLをコピーしました